• ホーム
  • サービス紹介
  • ご相談の前に
  • 過去の実績
  • コラム
  • 会社概要
  • お問い合わせ

実装技術コンサルティング

Techniqal Consulting

1.まずは打ち合わせ

打ち合わせ

お困りな点、技術課題、プロジェクト、改善内容など、この段階で概要を把握します。
NDA等の詳細や契約期間・業務完了納期など、実際にコンサルテーションを行うまでの詳細を詰めていきます。
※現段階までの機密事項も,もちろん機密扱いで対応します。
 NDA等では,この打ち合わせ段階まで遡って制約します。

2.機密保持契約書、コンサルティング契約書取り交わし

契約

ご支援内容にもよりますが、
機密保持やコンサルティング契約書等を取り交わします。

契約書ではなく覚書等の形式でもOKです。
現場の不良改善等の急を要する件では、文章の取り交わしが無くても構いません。
※開発品の支援や技術指導などでは、文章を取り交わす事が殆どです。

 しかし契約書形式ではなく、内容変更の自由度が高い形式での

 取り交わしの方が好まれます。

3.コンサルティングの実施

コンサルティング

ご依頼内容に沿ってコンサルテーションを実施します。
事前にメール等で準備や実施可能な事は指示しておきます。
当日だけで可能な事は限られていますので、2項の文章による
契約書等の取り交わしが済み次第、具体的な実施項目をご提案
させて頂いております。

4.報告書・請求書の送付

報告書

コンサルティング報告書を送付します。
行ったコンサルテーション内容を、技術報告書形式でご報告します。
議事録のような報告書ではなく、

技術論文に近い内容でお客様には大変喜ばれております。
社内報告に使用する場合は、社内フォーマット形式で対応致します。

無料メールマガジン

無料でお得な情報をGETしましょう。

ご登録頂いた人に

「試験や実験に必要なn数について★必要サンプル数は22個?その理由とは!?」

という無料レポートを差し上げます。 

 

その他にも小職が投稿した専門書の過去記事や限定の講義動画が配信されます。

 

詳しくは下のBannerをクリック!

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格
ソルダリングテクノロジーセンター