• ホーム
  • サービス紹介
  • ご相談の前に
  • 過去の実績
  • コラム
  • 会社概要
  • お問い合わせ

第3話:行動で示す

トップ自ら行動する事の重要性をお話します。当初、工場長は5Sとは「やらせるもの」,「守らせるもの」という認識があったようです。ですから“躾”が一番大切だと考えていたのでしょう。しかしこれは、従業員から見ると「やらされる事」,「やるべき事」という事になります。誰もが苦痛を伴う活動には積極的になれるはずがありません。

 

本来、整理・整頓や清掃・清潔がなされた状態というのは、綺麗であったり使いやすい状態であったりするわけですから、気持ちが良いはずです。それが、やらされる“義務”となった瞬間から苦痛を伴う事への変化したのでしょう。

自分の家じゃないからやる気が出ない、という事ではありません。綺麗な場所と汚い場所では、誰もが綺麗な場所を選ぶはずです。指導する立場の人間は自分がまずやる事を示し、そしてその姿を見せる事が重要です。

今回は工場の従業員の人が出勤する際に、その通用口を“その工場のトップ”が目の前を掃除しているわけですから、

  1. まず自分がやる事を示す事。
  2. その姿を見せる事。

の両方を満たしていました。

とはいえ従業員の人は1ヶ月間、通りにくい雰囲気で出社されたに違いありません。毎朝自工場のトップがその姿勢を見せる事で、言葉よりも重く且つ的確に相手に想いを伝える事(少し露骨でしたが)に成功しました。

その結果、清掃に対する関心が高まり、今までは風景と化していたゴミに目が行く事で、結果として工場内が綺麗になったというわけです。

 

次回は、目で“みる”という事についてお話します。

無料メールマガジン

無料でお得な情報をGETしましょう。

ご登録頂いた人に

「試験や実験に必要なn数について★必要サンプル数は22個?その理由とは!?」

という無料レポートを差し上げます。 

 

その他にも小職が投稿した専門書の過去記事や限定の講義動画が配信されます。

 

詳しくは下のBannerをクリック!

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格
ソルダリングテクノロジーセンター