• ホーム
  • サービス紹介
  • ご相談の前に
  • 過去の実績
  • コラム
  • 会社概要
  • お問い合わせ

第2話:トップがまず行動する!

A社では5S活動に継続性が無く、工場長がいつも口を酸っぱくして注意したり、強化月間等を設けて5S活動の推進を行っていました。社内の5Sポスターも、躾を中心に他のSが取り巻く形で表現されています。しかし「5S活動が根付かない」、「躾がうまくいかない」、といって私のもとへ相談に来られたのです。

 

これまでの活動の経緯と取り組み方を聞き、ある提案を行いました。

それは「1ヶ月間、工場長は社員通用口の清掃を始業時間の1時間前から10分前まで行って下さい!」というものです。

最初は厳しい表情をされておりました。説得の末、ようやく工場長も納得して下さり1ヶ月間だけという期限付きで、行ってくれました。すると開始2週間後に工場長から電話がありました。

私は「もう止めたい」というギブアップ宣言か?と思いましたが、違いました。工場内が綺麗になってきたと言うのです。私は早速効果があったと、胸を撫で下ろしました。

そして更に2週間が過ぎました。工場長は欠かす事なく1ヶ月社員通用口の清掃を続けて下さいました。そして本格的に5S活動の改善支援に入る事にしりました。

最終的に、この工場では5S活動が継続的に行われるようになり、今では見違えるように綺麗になりました。更に生産性もupしました。中でも一番嬉しかったのは、その工場ではある意味“伝説”となっていた開かずの間と、十数年その場所に存在し、移動する事のなかった大きな棚を片付ける事が出来、スペース的に大きな余裕が出来た時です。

工場長から「ウソみたいだ! あの部屋とあの棚は、もう風景の一部と感じていたが、まさか片づける事ができるとは思わなかった。有難う!!」と大変喜ばれていた事です。この時の嬉しさは、今でも私の中に強く印象として残っています。

みなさんの工場や事務所には、既にオブジェと化している棚やモノがありませんか? 一度探してみて下さい。きっと1つはあると思います。では、なぜ?ここまで変わる事ができたのでしょう。。。

 

第3話では、トップがまず行動する、という重要性をお話します。

 

無料メールマガジン

無料でお得な情報をGETしましょう。

ご登録頂いた人に

「試験や実験に必要なn数について★必要サンプル数は22個?その理由とは!?」

という無料レポートを差し上げます。 

 

その他にも小職が投稿した専門書の過去記事や限定の講義動画が配信されます。

 

詳しくは下のBannerをクリック!

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格
ソルダリングテクノロジーセンター